FC2ブログ
2012-06-05(Tue)

ゆりっぺの秘密

先月、ドッグカフェに行く前に、ゆりっぺを美容院にお願いしました。
我が家に来てすぐに洗ったのですが、私が顔を洗うのが苦手なのと、たぶん生まれてから耳掃除などしたことがないであろうゆりっぺなので、みつこさんが通っていたお店にお願いしたのです。

できあがり、迎えに行ったところ、「めちゃめちゃおとなしかったですよ。でも。お腹に糸が残ってはります。」と・・・

こちらでは、柴犬のお腹の毛をちょっと刈ってもらい、お尻のモフ毛も揃えていただきます。
見ると、刈ってもらったお腹の皮膚から、5ミリぐらいの黒い糸が2本出ています!!

たぶん避妊手術の時の糸だと思うのですが、「化膿もしていないので、獣医さんで切ってもらってくださいね!」と言われました。
痛いとかわいそうなので、引っ張る勇気もなく、先月の狂犬病注射の時に・・・と思っていたのに。
・・・すっかり忘れてました。。

で、新しい病院(昨日行った病院)ができたと聞いた時、診ていただこうかなぁと思ったのです。
でも、ゆりみつ父が「外科的なことやから、やっぱりいつもの先生に診てもらったら~?」と言うので、今月ワクチンに行く時に忘れないように言わなければ!と思っていました。

さて。先週の金曜日。
おけいこにいらした奥さんに、「ゆりはこんなところに糸が残ってて~。新しい病院に行こうか迷ってるんですけど~。」などと話していました。
すると、その奥さん、一方の糸をつまんでピュッと引っ張られたのです。

そしたら、もう一方の糸が、ゆりっぺの体の中にスルスル・・・と入ってしまいました!!!

私が「きゃ~!!糸が入っていった~~!!」と言うと、奥さんは「へ!?ほんま!?ほな抜けるんと違います?」と。
糸が入った様子がなんだかコミカルでおかしく、2人で「どうしよう??」と考えていましたが、裏返されたゆりっぺが嫌がり始めたので断念。
奥さんは、「化膿したらかなんし、帰りますわ~!」と退散されました

ゆりはお腹側の毛が結構深く、たぶん、抜糸するのにプチンと切るところまでされた糸が、見逃されたものだと思います。
それが動いたということは・・・。

皮膚ともくっついていないし、きっと抜けるだろうと思い、私は車の修理工のように、ゆりっぺのお腹の下にもぐりました。
そして、引っ張られて片方から出た状態になっていた糸を引っ張ると、あっさり抜けました!


s6-2.jpg  ←これが抜けた糸です。。


ゆりっぺのお腹の糸が顔を出していた痕は、極小の点で2ケ所残っています。
つーことは。。
2つの穴は化膿もせず、ちゃんと乾いて貫通している、ということですね。

以上、ゆりっぺは「へそピアス」ができる犬だという話でした。


s-524-2.jpg 


その夜、糸を引っ張った奥さんから、「ゆりちゃん、痛がってはりませんか?」という心配メールが来たことを申し添えておきます
スポンサーサイト



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR