--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-05-13(Sun)

トライアル ~その2~

ゆりは、3日目の朝には、起きてくる私達に大喜びしてくれるようになりました。
「嬉しくて、どうして良いかわからん~~!!」という風情でと喜んでいるゆりの姿が、可愛くてたまらない私達。
こんなけなげで可愛い子を、幸せにしたい思いでいっぱいでした。

ゆりの涙やけが気になっていたのですが、ふと冷凍庫にみつこさんのための手作りフードが残っていたことを思い出しました。
そういえば、ゆりがよく食べると言われて渡された缶詰フードは、みつこさんがアレルギーが出たもの。。
獣医さんにも「そのメーカーは、油が多いからあまり・・・」と言われたものだったので、手作りフードを乗せてみたら、あらら、ドライフードも一緒にほぼ完食!!

ゆりは、決して若くありません。
そのゆりの犬生、少しでも健康でいて欲しいので、ゆりにもフードを手作りすることにしました。
缶詰から変えてから、朝晩のご飯を入れている間、「ウズウズ!!」と喜ぶゆりの姿はとても可愛いです

散歩に出るようになって、ご近所にゆりをお披露目し始めました。
みなさん、最初はビックリ!!
でも、「良かったね!!可愛いね!!」と、早くも町内の人気者のゆり

皆さんが、口を揃えておっしゃるには。。
「みっちゃんにソックリ!!」
「みっちゃんが連れてきてくれたんやね!!」
と、みっちゃんの話題になるのでした
私も、こんなに可愛いゆりは、みっちゃんと神様からのプレゼントだと思っています!

相変わらずビビリのゆりは、喜ぶと思って買ってきたボールも、怖がります。
ボールを生きているものだと思ったようで、飛んで逃げ、次に挑発していましたが、「やっぱダメ!!」という風に逃げていきました。
ぬいぐるみも怖いようで、まったく興味を示さず、どちらも初めて見たのかもしれません。
ゆりには「遊ぶ」ということがわからないようです。
子犬の頃から当たり前のようにボールやぬいぐるみで遊んでいたみつこさんとは、全く違うのでした。

でも、家では少しずつくつろぐようになってきました。


424-2


実家でも、おばあさん悲願だったベッドで寝てくれました。


425.jpg


皆が「ベッドで寝た!」と喜んだ途端、すぐ出ていきましたけど。。(笑)

うんともすんとも言わないゆりに、少し心配していましたが、3日目に寝ぼけて軽く鳴いていました。
その後、ガムに挑発して2回ほど鳴いたので、「あ!鳴けるんや!」と喜んだことを思い出します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ゆりみつ母

Author:ゆりみつ母
ゆりみつ父と、ゆりと京都で暮らしています。

*ゆりみつ父:オタクな某学校職員
*ゆり:小さな柴犬  通称ゆりっぺ
*みつこ:大きな豆柴 2012年2月、16歳5ヶ月の犬生を全うしました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。